メニュー

クリニック紹介

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当クリニックはリウマチ性疾患や、骨・関節・脊椎などの筋骨格系、運動器、整形外科関連の病気・疾患・症状について専門的に診療しています。特に、関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症、骨壊死などの診断・治療を得意領域としております。

ADL(Activity of Daily Life)とQOL(Quality of Life)の向上、健康寿命の延伸を目標に、

相談してよかった!と満足していただけるクリニックを目指しています。

 

外来

4つの専門診療を柱に、患者さん個々の病状に応じ、それぞれの専門性を組み合わせた診療をおこないます。

リウマチ外来

ロコモフレイル外来

骨粗鬆症外来

人工関節外来

 

運動器リハビリテーション

身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経など「運動器」はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。また、複数の運動器が同時に障害を受けることもしばしばあります。

「運動器リハビリテーション」(以下運動器リハ)は運動器に障害を持つ患者さんを対象に、運動療法(関節可動域訓練や筋力強化、ストレッチなど)や物理療法(温熱、電気など)、装具などを提供し、痛みを減らし、関節可動域(動かせる範囲)の拡大、筋力の強化を図るものです。

運動器リハは立ち上がり、歩行、階段、食事,更衣など日常生活動作(ADL:Activity of Daily Life)を可能な限り改善、再獲得し、社会生活、スポーツ活動への参加、復帰を目指すとともに、日常生活の質(QOL:Quality Of Life)の維持、向上、ひいては健康寿命延伸のために重要な役割を担っています。

当クリニックでは、医師、看護師、理学療法士ほか全職種の参加するリハビリカンファレンスを毎週定期的に行い、運動器リハを開始する患者さんの確認、リハビリ進行状況や、今後の方針、ゴール設定などを検討した上、患者さんご自身にも情報共有、ご提案にコミットしていただくことで、より個別の障害、ご要望に応じたチーム医療の提供が行えるよう努めています。

運動器リハビリテーションの流れ

通所リハビリテーション/デイケア

通常の医療保険を利用した運動器リハビリテーションとは別に

介護保険を利用した介護予防リハビリテーションを行っています。

通所リハビリテーション/デイケア

手術

人工関節手術については名古屋市の聖霊病院人工関節センターにおいて、麻酔科専門医指導医による全身麻酔管理下にておこなっています。術後リハビリを重視し3~4週間の入院期間をかけ筋力トレーニング、歩行訓練をおこないます。その後は自宅退院される方がほとんどですが、必要に応じて3か月程度まで、落ち着いた環境の中で入院リハビリを続けていただくこともできます。

令和2年8月3日 人工関節手術再開のお知らせ

待機手術は8月3日より再開しております。

今後の第2波、第3波の影響による中止の可能性のある中での再開でありますが、未曽有の事態でありますので、皆さまにおかれましては何卒ご理解ご了承のほどお願い申し上げます。

main_02

ミッション

筋骨格系、運動器・移動機能の問題解決を通じ、良質な医療を提供します。

ADL、QOLの向上、自立支援、健康寿命延伸を図り、地域社会に貢献します。

スピリット

スタッフ一人一人が患者さんの立場で考え、真心こめて患者さんに寄り添い、

親身な診療、看護、介護に勤めます。

バリュー

相談してよかった!と満足していただけるクリニックを目指します。

ビジョン

デジタル化を推進し、さらに成果の見える化を実現します。

 

スタッフ

院長  来田 大平  ごあいさつ

顧問  東倉 萃  

第2、第4木曜午前外来担当

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医

中部労災病院整形外科部長、聖霊病院人工関節センター長など歴任

専門: 股関節外科、膝関節外科

顧問  毛利 保雄 

第2、第4火曜午前外来担当

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医

中部労災病院、名古屋第一赤十字病院、愛知県立尾張病院整形外科部長など歴任

専門: 足関節・足の外科

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME