メニュー

人工関節置換術について

股関節や膝関節の痛みで歩行が困難な方、リウマチで肘関節が曲がらない、伸びない、洗顔、洗髪ができないなどでお悩みの方はご相談ください。

 

人工股関節

変形性股関節症は、股関節の軟骨や骨が、すり減り変形して起こる病態で、股関節の痛みや動きの制限、跛行(はこう)を伴います。発症すると加齢とともに次第に悪化し、進行すると元の状態に戻すことはできません。関節リウマチ、大腿骨頭壊死症、大腿骨頚部骨折に続発する変形性股関節症もあります。いずれも歩行障害が著しい場合には人工股関節置換術により治療を行います。

大腿骨頭壊死症は、大腿骨頭への血流が妨げられて起こる病気で、30~60歳の働き盛りの時期に発症し、国の難病指定になっています。股関節の骨折や脱臼など外傷をはじめ、様々な原因により起こりますが、ステロイド剤の大量服用やアルコールの摂りすぎも原因といわれています。歩行時や階段の上り下りの際に股関節に痛みを感じる程度で始まり、進行すると痛みが持続、筋肉が萎縮し、股関節の動きが悪化し、正常に歩けなくなります。壊死範囲が広い場合、骨切り術や、人工股関節置換術によって治療を行います。

 

人工膝関節

変形性膝関節症は、膝関節の形や軟骨に異常が起こり、膝関節が徐々に変形していく病態で、関節のクッションの役割をする軟骨や半月板が擦り切れ、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)が直接ぶつかるために、痛みが生じ、水が溜まったり、膝関節の動きが悪くなり、歩行や階段昇降に支障を生じます。発症すると加齢とともに次第に悪化し、変形してしまうと元の状態に戻すことはできません。一般に下肢の筋力トレーニング、各種装具、鎮痛剤の内服やヒアルロン酸注射などで保存的に加療を行いますが、O脚、X脚など変形が進行し歩行障害が著しい場合には人工膝関節置換術による治療を行います。関節リウマチや膝関節骨壊死も歩行障害が著しい場合には人工膝関節置換術により治療を行います。

 

人工肘関節

最近は薬剤の進歩で件数は少なくなっていますが、関節リウマチによる肘関節破壊の進行例、骨折例などでも適用されます。

 

人工関節置換術は名古屋、聖霊病院人工関節センターにおいて、麻酔科専門医による麻酔下に、来田大平医師、東倉萃医師により執刀させていただきます。

入院、リハビリ期間、その他詳細につきましては外来診察時にご案内いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME