メニュー

運動器超音波(エコー)診療について

超音波画像診断装置のデジタル化や高周波化による画質の向上により、整形外科運動器領域でも超音波検査(エコー)の普及が進んでいます。エコーはX線ではわからない筋・腱・靱帯・血管等の軟部組織の画像描出に優れ、CTやMRIのような静止画像評価だけでなく、リアルタイムの筋・腱・靱帯の断裂、損傷や血流の動的評価を行うことができます。

 

当クリニックではコニカミノルタ製超音波画像診断装置SNiBLEを採用しています。検査の様子を大きな画面に表示しますので、患者さんにわかりやすく病状をご説明できます。

必要に応じてエコーガイド下で注射・穿刺をおこなったり、トリガーポイント注射など痛みを和らげる治療を正確に行うことが可能です。筋膜・ファシアリリースにも応用が可能です。またエコーはリウマチ関節滑膜の炎症の有無も確認でき、関節リウマチの早期診断にも適しています。

 

エコー診断に適した病態

 

  • 石灰沈着性腱板炎
  • 腱板断裂
  • 五十肩
  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • 手関節部のガングリオン
  • 大腿部や下腿部の肉ばなれ
  • サッカーやバスケットボールなどによる膝や足首の靱帯損傷
  • ベーカー嚢腫
  • アキレス腱炎
  • 関節リウマチの滑膜炎など

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME