メニュー

骨粗鬆症について

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症は、主に加齢、閉経などの影響で骨が減少し骨に小さな穴が多発する病態です。初期はなかなか症状が現れにくく、進行すると背骨が曲がって痛んだり、手足の骨が簡単に折れやすくなります。高齢者ではこれによって、寝たきりになってしまうことがしばしばあります。

診断は、DXA(X線骨密度測定装置) を用いて、若年成人(20~44歳)の骨量の平均値(YAM値)との比較により行います。骨量がYAM値の70%未満であれば骨粗鬆症、70~80%であれば骨量減少と判断されます。骨量がYAM値の80%未満の人は注意が必要です。その他、血液・尿検査で骨代謝マーカーなど骨質の評価を行います。

治療は薬物療法で内服、注射・点滴など、多くの選択肢があります。中でもビスホスホネート製剤をはじめ、最近ではテリパラチドなどの骨形成促進剤や、強力な骨吸収抑制作用をもつデノスマブ、また骨形成促進と骨吸収抑制の効果を併せ持つロモゾズマブなども使用可能となり、骨密度上昇、骨折予防に対し著しい効果を上げています。

超高齢化社会を背景に、骨折の防止、健康寿命の延長という目標を達成するため、特に女性では閉経後、より早期での骨粗鬆症の診断と治療の開始が望まれます。もちろん、食事、適度な運動、日光浴などの基礎療法、日常生活での工夫も大変重要になってきます。

当クリニックでは診断・治療だけでなく、予防についての指導もさせていただきますので、女性で閉経後の骨粗鬆症が気になりましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

 

骨密度測定装置について

 

骨粗鬆症パンフレット

骨粗鬆症性骨折:脊椎椎体骨折大腿骨近位部骨折上腕骨近位部骨折橈骨遠位端骨折

骨折のドミノ現象

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME