メニュー

運動器リハビリテーション

身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経など「運動器」はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。また、複数の運動器が同時に障害を受けることもしばしばあります。

「運動器リハビリテーション」(以下運動器リハ)は運動器に障害を持つ患者さんを対象に、運動療法(関節可動域訓練や筋力強化、ストレッチなど)や物理療法(温熱、電気など)、装具などを提供し、痛みを減らし、関節可動域(動かせる範囲)の拡大、筋力の強化を図るものです。

運動器リハは立ち上がり、歩行、階段、食事,更衣など日常生活動作(ADL:Activity of Daily Life)を可能な限り改善、再獲得し、社会生活、スポーツ活動への参加、復帰を目指すとともに、日常生活の質(QOL:Quality Of Life)の維持、向上、ひいては健康寿命延伸のために重要な役割を担っています。

当クリニックでは、医師、看護師、理学療法士ほか全職種の参加するリハビリカンファレンスを毎週定期的に行い、運動器リハを開始する患者さんの確認、リハビリ進行状況や、今後の方針、ゴール設定などを検討した上、患者さんご自身にも情報共有、ご提案にコミットしていただくことで、より個別の障害、ご要望に応じたチーム医療の提供が行えるよう努めています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME