メニュー

サルコペニアとは?

サルコペニアとは?

 サルコペニアフレイル

 

サルコペニアの診断は

四肢の筋肉量の合計を 身長(m)の 2 乗で割った値を骨格筋量指数(Skeletal Muscle mass Index:SMI)と呼び、筋肉量の評価値として用います。

握力低下(男性28 kg未満、女性18 kg未満)、歩行速度低下(1.0 m/秒以下)のいずれかまたは両者を満たし、

SMIが男女別のカットオフ値未満の場合にサルコペニアと診断されます。

 サルコペニア診断AWGS2019

 (注)日本サルコペニア・フレイル学会で骨格筋量や歩行速度を測定せずにサルコペニアの可能性が診断できる基準が新たに作成された。確定診断には「筋力:握力」「身体機能:歩行速度」「骨格筋量」の測定が必須である。AWGS(2019)診断基準の改訂により、男性の握力低下は26 kg未満から28 kg未満へ引き上げられ、また男女とも6m歩行速度が秒速0.8m未満から1.0m未満へ引き上げられた。国内の基準では「身体機能」測定は歩行速度測定の代用として5回椅子立ち上がりテスト、または簡易身体機能バッテリー(SPPB)も選択可能。「骨格筋量」測定はDXA法かBIA法が選択される。

 

さらに4分類することも提唱されています(PMID:28676289)。

正常:握力、歩行速度正常・筋量正常

プレサルコペニア:握力、歩行速度正常・筋量低下

サルコペニア:握力、歩行速度低下・筋量低下

ダイナペニア:握力、歩行速度低下・筋量正常

すなわち、サルコペニアなしと判定された中に、握力や歩行速度の低下がなくても筋量(SMI)の低下しているかた(プレサルコペニア)や、サルコペニアありと判定された中に、握力や歩行速度の低下があっても筋量(SMI)が正常なかた(ダイナぺニア)が含まれます。

ダイナぺニアでは筋肉の量は正常でも脂肪の浸潤など筋肉の質の低下が、筋力機能の低下を引き起こすとされています。

 

サルコペニアと骨粗鬆症の関係は?

骨粗鬆症と診断された患者とサルコペニアと診断された患者の半数近くがその両方を有していたとの報告があります (PMID:20207030)。

 

骨粗鬆症とサルコペニア

 

サルコペニアも骨粗鬆症も高齢者の疾患であり、DXAを使用して両方の検査を行うことが可能です。

Prodigy Fuga

 

サルコペニアの治療は?

抵抗運動などを基本とした運動は筋量、筋力、運動能力に対して概ね有効です。

蛋白補給などの栄養は有効です。

当クリニックでは個々の状況に応じ、治療を提案させていただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME